講座案内 - 福祉用具専門員

講座案内

福祉用具専門相談員

福祉用具専門員とは、介護保険を適用して福祉用具を利用する際に、利用者本人やご家族のご要望に応じて、その方の状況にあった福祉用具の選定や使い方など相談や用具の調整等を行う専門職です。
超高齢社会に向かいつつある今、福祉用具専門相談員の有資格者を求めるニーズはますます高まると言われています。
また介護の仕事に関わる上で福祉用具の知識は必要不可欠です。
利用者、介護者両方の需要に沿った福祉用具についての専門知識があれば、総合的なアドバイスを行うことができ、介護のプロとしての信頼感も高まります。
現状の介護現場では、福祉用具の知識や情報不足から、用具を上手く使いこなせないという声も多く聞かれます。
福祉用具を必要としている人に対し、適切なアドバイスを行える人材が不足している今、福祉用具専門相談員のニーズは高いと言えるでしょう。



福祉用具専門相談員の主な仕事

福祉用具には、車いす・介護用特殊ベッド・入浴用のリフトなどがあります。
選定の際は、介護をされる側、介護を行う側双方のニーズに合わせて的確なアドバイスを求められます。
利用者の生活の幅を広げ、生活の質の向上を担う専門職です。
また福祉用具は利用者の身体・精神状態の変化に合わせて調整を行う必要があるため、定期的な利用住宅の訪問と利用状況の調査を行い、適切な利用のためのお手伝いをすることも大切な人とのひとつです。
利用者の生活に直結する重要度の高いサービスのため、介護保険の指定福祉用具貸与事業者には2名以上の配置することが義務付けられています。
ご家族のご相談に応じる福祉用具相談員

主な活躍の場

福祉用具貸与事務所、福祉用具販売店、福祉用具メーカー、福祉施設、訪問介護事務所、ホームセンターなど

福祉用具専門相談員のスキルアップ

福祉用具専門相談員のスキルアップには、実績はもちろん、研修や検定を受けるという方法もあります。
研修や検定は、自治体や民間の研修機関などが行っています。

福祉用具プランナー
試験あり
対象:福祉用具専門相談員

福祉用具選定士
試験あり
対象:福祉用具専門相談員として2年以上実務経験を有するもの

福祉住環境コーディネーター
試験あり(1級~3級)
対象:1級を受けられるのは2級取得者のみ。2・3級の対象制限はなし

福祉用具供給事業従事者現任研修会
試験なし
対象:福祉用具供給事業従事者研修の修了者。一定の条件を満たせば、ケアマネジャーの受験資格取得も可能

ケアマネージャーへの道

あまり知られていませんが、福祉用具供給事業従事者研修を修了し、5年以内に福祉用具供給事業従事者現任研究会を受講します。
その後、介護系の相談援助業務を5年以上経験することで、ケアマネージャーになるための「介護支援専門実務研修受講試験」の受験資格を得ることができます。
これは、厚生労働省の定める「訪問介護養育研修2級課程に相当する研修」を修了したとみなされるからです。



カリキュラム

講習の科目および時間数

項目 時間数
福祉用具と福祉用具専門相談員の役割 2時間
介護保険制度等に関する基礎知識 4時間
高齢者と介護・医療に関する基礎知識 16時間
個別の福祉用具に関する知識・技術 16時間
福祉用具に係るサービスの仕組みと利用の支援に関する知識 7時間
福祉用具の利用の支援に関する総合演習 5時間

受講料

45,360円(テキスト代別途・税込)



各講座の開講日程についてはこちらからご確認ください!ご不明な点がございましたら、お電話にてお問い合わせください。
 
各種講座開講日程一覧

就職相談コーナー

デイサービス黄色いハンカチ

マージャン・鉄道模型作製教室やってます!

有限会社 賀取商事
745-0801
山口県周南市久米3204-6
TEL:0834-36-0260
FAX:0833-41-7556
MAIL: このメールアドレスはスパムボットから保護されています。観覧するにはJavaScriptを有効にして下さい

このページのトップへ↑